logo
SDGs

ジェイトリップは旅の力で
持続可能な未来の発展に貢献します。

SDGs
J-TRIPの取り組み

クリーンエネルギー

太陽光発電

旅行事業に必要な消費エネルギーをクリーンエネルギーで100%自給しております。

ジェイトリップでは、旅行事業を運営するうえで必要なエネルギーのすべてを自社の太陽光発電施設で賄っております。また、お客様の旅行によって発生するCO2排出量の一部をオフセットすることに取り組んでいます。

2021年中には、総面積で、東京ドーム3個分の敷地の太陽光発電施設を西日本に配置し、年間発電量6,120MWh(約1,200世帯分)のクリーンエネルギーを生み出します。

発電所名称 発電開始日 年間発電量(MWh) 敷地面積(㎡)
小豆島1 2013年3月31日 240 2,484
小豆島2 2014年3月10日 2,400 89,195
徳島 2015年3月30日 720 29,553
鹿児島 2016年8月5日 160 2,606
霧島 2021年12月予定 2,600 19,195
    6,120 143,033

デジタル遊牧民

デジタル遊牧民

パソコンさえあれば、そこが仕事場。
世界中を旅しながら仕事をする。

1995年から、全社員がパソコンで業務を行い、インターネットを活用して沖縄にコールセンター、小豆島にデータ入力センターを設置。サイバー空間で仕事が可能になる事によって、地方の雇用創出や3Kと言われていた旅行業の労働環境の改善に取り組んできました。
さらに2009年 “ミスター半導体” 牧本次生博士を社員総会の講師に招き、世界中を旅しながら仕事をする「デジタル遊牧民」を目指すことを宣言しました。

La Klasse

La Klasse

ラ・クラッセ=楽に暮らせ。地域の価値を高めるプロジェクト。

“暮らすように旅して、旅するように暮らす“がコンセプトの宿泊施設”La Krasse“を東京スカイツリー地区と小豆島のエンジェルロード地区で運営。
地域の魅力を探して、地域へ与える負荷を最小限にして溶け込み、ひととき住民のように暮らす旅を提案しています。けっして有名ではない、地元の方が利用するお店や遊び方を取り上げて、その地域の価値を高めるプロジェクトです。

La Krasse Sumida

La Krasse Sumida【公式サイト】

La Krasse Angelroad

La Krasse Angelroad【公式サイト】

地方創生

region

小豆島に第二本社、沖縄にコールセンター。

2002年にIP電話の技術を活用して沖縄にコールセンターを移転。
2003年には高速インターネットを活用して、地元の主婦を雇用してバックオフィスを設置。2006年には、現地にNPOを設立して地域活性化と雇用創出に取り組んでいます。
旅行業として観光客を送り込むこと以外に地方創生に貢献出来ないかにチャレンジした結果です。

ペーパーレス

paper

パンフレットを造らない旅行会社。プリンターの無い会社。

もともとは企画した旅行をパンフレットに掲載して、旅行代理店で販売して頂くというビジネスモデルでしたが、2004年から紙のパンフレットを一切廃止し、すべてWEB上で販売しています。また、社内においては徹底的に紙を無くした結果プリンターがありません。そしてお客さまがチケットレスにて旅行が出来るシステムを構築しています。